オークランドは夏真っ盛り。


今年は家にそこそこ大きいゴムプールを設置して


子供たちと入っている内に全盛期ばりの黒さになって来ました^^・・・
友人も遠くから見て現地の人かと思ったと(苦笑)・・・・


いや、現地ですけど?^^


こないだNZの教育産業(所謂留学)についての
セミナーについてお誘いを頂きました。


今回はアドバイザーという形で前に出る事はないのですが
最新の情報を調べたり留学というものを

改めて考えてみる良いきっかけになった。


留学エージェントと語学・専門学校マーケティング担当として
このNZの教育産業に10年以上色々な流れを見てきたけど


この1・2年は少し業界を離れてて細かくは調べてなかったので
日本からの留学生の数はずっと減少傾向にあり
ニュージーランドもそのままなんだろうと・・・


周りの声からも想像していたのですが・・・


おっ?!
EDUCATION NZ
のサイトに

日本の情報が載ってるじゃないですか?!

Education NZ 日本のマーケットについてのデータ

 


少なくとも数か月前まではNZ教育産業にとって今後注目の
8か国という情報のみで日本はそこから弾かれてました(苦笑)


でも読んで見て納得。


なるほど去年は色々と「増えた」んですね・・・・

現金なもんでだからJAPANの情報が

またUPされたんですね?!(笑)


10,454
人の学生が入学し前年比較で

PTEセクター(所謂語学学校・専門学校)が12%
中高が6%共に増加一方で大学は8%減とあります。
地震の影響で激減していたカンタベリー地区

(クライストチャーチなど)は
需要が戻って来てなんと58%増!!


変わったところではManawatu/Wanganui エリアが21%増という・・・
一方で日本でもスーパーグローバル大学構想

各種留学奨学金の設置など


留学に前向きなニュースがあるとあります。


本当のところどうなんでしょうねー?


若い人(もそうでない人も^^)

もっともっとNZに呼びたいですね!!!


実はこうしてまた市場調査を始めているのは
古巣の語学学校兼専門学校のNtecグループの

マーケティングを
また請け負う事になったのです。


フルタイムで常駐という訳にも行きませんし

Ntecに専任という訳でもありません。


Ntec
を含む留学業界のお仕事もまたさせて頂くという感じです。


ですから他の学校のご紹介ももちろん可能ですが


その場合はお付き合い頂いている留学代理店さんを
通してという形になるかと思います。

またそれだけじゃなくて

今までFBのNZグループで培って来たような

個人の力を活かしたマーケティング。

それによって個人が活かされるマーケティング方法も

閃いてしまいました!!

これは追々またお知らせしますが

自分が永年どうやって解決するか悩んでいた

NZに住みたいと考える人の仕事や住む場所の問題。

この一つの答えになり得るかもしれませんね。

あとはシステムだけ少し考えないとなんですが・・・


まぁそんな訳で・・・

じゃあ実際の留学ってどういうものなの?
といった疑問に答えるべく


次回以降少しこのテーマで書いてみようと思います。
つづく。