今日FacebookにUPした記事ですが・・・・

昨今メーカーなどのサービスセンターに電話を掛けると

よくインドに飛ばされてなかなか聞きづらい英語を元に

問題を解決しないといけないなんてこともありましたが・・・。

 

最近はそのような業務を国内で行うところも

増えてきているようです。

 

だから仕事自体はこれからも増え続けるだろうと・・・

 

なるほどな・・・と思ったのはこの記事の下に

出てきたIT関連の人と学生さんのコメント。

 

ITというと専門の技術や知識というイメージ

があるので完璧を求められるけど仕事をしながら覚える事ももちろんあるので
新しい事を学ぶ機会は企業内でも実施して欲しいのこと。

 

そしてこれもわかっている様でで見落とされがち

ですが・・・

 

So just because you have an IT background doesn't mean you'll be guaranteed a job. The need is for people with technology skills as well as an understanding of business, marketing and what drives customer needs.

 

IT経験があれば就職できるということではなくて

ITの知識もさることながらビジネス、マーケティング

そしてお客さんの要求に応える事こそ

市場(企業)の求めるところであるという事。

 

因みにNZでは日本のIT経験があるとIT Diploma Level7

という1年のコースが受けられます。 (記事のコメントの中では3年以上のフルタイムの経験が望ましいとありました)

 

このLevel7では永住権申請の際の学歴

ポイントも得られますし本来2年以上の就学が

卒業後のワークビザの発給条件になりますが

 

これも1年でOKです。

 

まぁ英語の条件なんかもありますが

僕の勤める学校ではその辺もクリアにできる

プロモーションもありますので

ご興味があればご連絡下さい^^

https://www.nzherald.co.nz/business/news/article.cfm?c_id=3&objectid=10829610


DUKE

ニュージーランド在住16年目。NZを含む海外の就職、帰国後のキャリアサポート、現地での起業・ビジネスサポートを行っています。またワーキングホリデーを利用したグローバル&サバイバル人材育成プログラムをオークランド市と共に進めています。お気軽にメッセージ下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です