CM天国ニュージーランド。Rice on Rice?

こんばんは。
始めに・・・・
今日の内容はヒドイです。
得るものは何もないと思います。
(まあ今までもどれだけ得るものがあったんだという突っ込みは心の中に留めておいて下さい (苦笑))
今日の撮影であった話を思いつくままに面白半分で書いてます。
下記が難しいなと思った方は申し訳ありませんが今日はお飛ばし下さい。
(そして次回は戻ってきて下さい。)
・いつも以上に砕けた文章は許せない。
・頑張っている人を皮肉ってるのは許せない。
・日本車は乗らない
・朝から頑張っていつもよりシュッと決めてるつもりでも
 腹周りが怪しくなってきた男が許せない・・・・あっ自分だ。
 
本当にすいません。
でも日本人と外国にいる日本人のちょっとした違いや国民性が垣間見えた日でもあったので
自分としては超個人的に興味深い一日だったので書かせてもらいました。
では読んで頂ける方はここからスタートです・・・*********
 
珍しく6:00に起床する。
髭を整える。
髪型のセットもしっかりやる。
いよいよ撮影当日です。
当初撮影は海岸の予定だったのに急遽町のど真ん中でとの連絡が入りました。
久しぶりにバスに乗りDOWNTOWNのBRITOMARTというところに7:30に到着。
既にクレーンや機材がいたるところに設置されていました。

日本から来たスタッフらしき人はタバコの銘柄で分かりました。
もちろん雰囲気も、現地の日本人とは異質のものがありました。
こっちにいる日本人はNZ生活に慣れてくるのか
良くも悪く服装にこだわらない人間が多くなってきます。
(そういえば服自体買う機会が減りましたねー、日本帰国時にまとめて買う感じです)。
日本の方々はやはりラフな格好でもワンポイントおっしゃれしていました。
それが僕らとの分かり易い違いに見えます。
しばらく待っていると「こっちに集合して下さい」と言われ衣装が沢山かかった
ロケバスに案内されました。
エキストラを見渡してみる。
全部で15人ほどいるでしょうか。
ふーん、思ったより少ないな・・・・・・・・・あれっ・・・ちょっと待って・・・
日本人他にいる???
このCMは日本の某大手車メーカーだと聞いていたので日本人が沢山来ることを
想像してたのだけど。
実際は中華系含む他の国からのアジアンばっかりのように見えるのですが・・・
あー、そうか、そうかアジアのどこかに向けたCMを作るんですね?
そう思ってスタッフのニュージーランド人に話を聞いてみることに。
すると・・・「これは日本に流れるCMの撮影だよ」との返答。
・・・・・・・あっ、そうですかあ・・・僕は一発で日本人自分以外に1人しか
いないって気付いてしまったんですけど・・・・吹出し入りで中国語飛び交いまくりです
ま、そういう設定なのかもしれませんね。オールアジアン的なね・・・・・苦しいかな。
そんなこと考えている内にロケバスで衣装のチェックが始まりました。
そこには日本からいらしていた(だろう)スタイリストの方がいて1人づつ服装がチェックされます。
僕は黒のデニムに青チェックのシャツそしてベージュのジャケットを着ていました。
するとその日本の方は「いいですねえ、宜しくお願いします。」
僕:「あっ、こちらこそ宜しくお願いします」・・・・で終わっておけばよかったのに
「何着か持ってきてくださいと言われてたのでTシャツやパンツもあるんですけど」
と余計なことを言ってしまいました。
「そうですか、じゃあ・・・・あっ、そっちのグリーンのアーミーっぽいパンツのがいいですねえ」
シャツはその黒じゃなくて・・・・・と言いながらラックからパンツと同じグリーンがベースで
グレーの長袖のロングTシャツを取り出しました。
「シャツはこれでいきましょう、裏で着替えて下さいね」
僕:「・・・・・・・・・・は・・い」
・・・・グリーン・オン・グリーンですかあ・・・・
それって寿司セットにライスがついてくるようなもんですよね?
(こっちに実際あります)
ライス・オン・ライス?(T.I氏作)
ありですかね?!
いやあ。ないな、と思って勝手に寒いから上にTシャツ着ますといって
上から白Tシャツを入れてみました。
そして更にしばらくして僕ともう一人の女の子だけだけ向こうの現場スタッフからお呼びが掛かりました。
あ・・・勝手に服変えたんで怒られるのかなあ・・・・
すると・・・・
「はい、じゃあここ座って下さい。」
カメラの真ん前じゃないですかあ!!
これは説明するのが難しいのですが簡易式CAFEみたいのをガラス一枚で作って
カメラはCAFEの中から外を映し出してそこをその新車が通り過ぎるというセットでした。

 
外側から見た写真(相合傘みたいなところが外からみたWINDOW。
オレンジの人の所の窓際に座ってました)
そして僕はカメラの前でその内側のCAFEの席にすわり本を読んでるという設定です。
座ってしばらくするとメイクの人がきて髪にスティックのりみたいのを付けました。
なんですか?これっ?
「Your’s are bit funky」・・・髪を立たせすぎてたみたいです。
気合空回り。ああ恥ずかしい・・・
となりの女の子もクスクス笑ってます。
そして今度は日本側の現場監督みたいな人が
「白シャツじゃなくて他の色着て見ましょうか?」と言うと
近くにいたさっきのグリーンのTシャツを押したスタイリストの人が
「じゃあ白脱いで下に着てるグリーンの長袖でどうでしょう?」とすかさず監督に答えます。
「パンツもグリーンだからそれはダメだろう
スタイリスト「・・・・・・・・・・そうですね」
でしょ!!!!そうでしょう、そうでしょう。
監督さん、あなたは寿司を正しくそのまま食べる人に違いない!
ライスオン・ローフィッシュです。そう、それが寿司です。
 
だけど結局カーキ迷彩ののアーミーっぽい上着を渡されました・・・・。
 
これって・・・・結局グリーンオン・グリーンと何が違うんだ???
最後に辿り着いたのはアーミー・オン・アーミーです・・・・。

COMANDOですか??

もう演技はCAFEで狙撃相手を観察しているゴルゴ13の眼差しです。
 
折角正統派寿司が来たと思っていたのに食べたら
テリヤキチキンが入っていたくらいの違和感です・・・。
(ニュージーランドでは本当にこれが一番寿司として認知されているから怖いです)
こんな風に撮影ははじまったのでした。
このCMについては誘いが掛かる前にある友人から人を探していることを聞いていました。
その主役の1日の収入はニュージーランドの平均収入の一ヶ月分以上に相当するのです。
20代の夫婦に5歳くらいの子どもがいる家庭を探していると言われ・・・・
こっちにきている日本人ではなかなか難しいと思いました。
しかも美男美女そしてかわいい子どもの家族だというので
その主役がどんな人なのかも見てみたかったのですが・・・・
・・・・・・・・こんなのアリですか?
前代未聞の主役が登場するのはこれから数分後の出来事でした。
明日に続く・・・・
再びすいませんでした。
週末バージョンにお付き合い下さい。
You have a nice week end,mate!!
DAISUKE
 
 
 
 
 
 
 
 

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です